読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KEEP CALM

平静を保ち、普段の生活を続けよ。リバウンドしないシンプルライフを模索します。ナオト・インティライミ、Hey!Say!JUMP 伊野尾慧くん応援中!

無印良品の『ぬくもりインナー』と、しまむらの『厚』


今年も機能性インナーが活躍する時期になりました。

……と言いつつも、私は暖かい部類の機能性インナーの類を持っていませんでした。高校生の頃は体育の時間にヒートテックは使っていましたが、別になくても冬を何度も越してきたので、特に必要性を感じなくて。

しかし、社会人になってからというもの、いきなり寒がりになってしまったこと、引っ越ししたため家から駅まで毎朝原付に乗るようになったこと(これか非常に寒い)、雪国ではありませんが、底冷えする寒い地域に住んでいるために必要性を感じ、無印良品の『ぬくもりインナー』のキャミソールと、しまむらの『厚』の長袖を購入しました。


『ぬくもりインナー』は1枚1500円程度ですが、前回の良品週間のとき&まとめ買いで割引になる時期だったので、1枚1200円程度で購入。

『厚』は1枚1200円が定価ですが、こちらも割引期間に購入し、1枚840円で手に入れることができました。



『ぬくもりインナー』は長く使える。あと、肌触りが好き。

『ぬくもりインナー』は、他のメーカーと違って、含有率が一番高い素材が綿なんです。
綿生地だからか、生地に若干厚みがあります。
ヒートテック等にありがちな、着たときにひんやり感を感じるあの感じがありません。

暖かさとしては、『ものすごく暖かい!』というよりはほっこり包んでくれるような暖かさ。

ただ、キャミソールタイプだからか、暖かさが足りないなぁ……と思うときもあります。(特に朝晩の通勤時)
ですが暖房の入っているオフィスではちょうどよく感じますし、暖かすぎないことは秋口から春先まで長く使えることでもありますし、良いことなのかもしれません。


『厚』は裏起毛が気持ちいい。

『厚』は『ぬくもりインナー』とは異なり、綿メインの素材ではありません。ヒートテック的なつるつるの生地です。ですが、裏起毛なので着たときにひんやりすることはこちらもありません。
厚みはあまりないので薄手のトップスにでも重ね着できます。
また、襟ぐりの浅い服にも重ね着したくて、私は深Vネックタイプを購入しました。

本当に暖かく、驚くほどでした……。

また、袖や裾が思ったところでぴたっと止まり、重ね着していてもめくれ上がったりしません。
『ぬくもりインナー』のほうは長袖ではないので比較はできないのですが、重ね着にありがちなごわつきがなく、体にフィットしてくれるのはうれしいです。

ただ、暖かすぎて……満員の電車内やオフィスでは逆に暑くなってしまうことも……。
コートやカーディガンを脱ぐなどの対応をすればいいのですが、そうもできない状態だと少しのぼせてしまいます(笑)


使い分けて快適な冬を。

私は以下のように使い分けようと思っています。

室内にいるのがメインのとき→『ぬくもりインナー』
屋外がメインのときや寒い地域にいく場合→『厚』

通勤時は仕方ないですが少々の寒さは我慢したり、なるべく厚めのタイツをはいたり、マフラーなどの防寒具を活用します。

これから厳しい冬がやってきますが、機能性インナーを使い分けて快適な冬を過ごしましょう。