読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KEEP CALM

平静を保ち、普段の生活を続けよ。リバウンドしないシンプルライフを模索します。ナオト・インティライミ、Hey!Say!JUMP 伊野尾慧くん応援中!

クオリティオブライフ



仕事が少し落ち着いていた時期に、中学のころから親しい先輩と食事に行き、仕事の話などをいろいろしました。そのとき、先輩に『そんな生活でクオリティオブライフは充実しているのか?』と聞かれました。

今は忙しくないからまぁまぁ……
家事もできているし、土日どちらかは必ず休んでいるし……あ、でも、仕事が突然忙しくなったり、夕方まで落ち着いていても、さぁ帰ろうと思ったときに急に緊急のタスクが入ることだってざらですし。
友達に誘われても、行けないかもしれないからうかつに約束できないし……
習い事も最初はやってましたけど、そのうち行けなくなって辞めちゃいましたし……
旅行とか、先の予定もあんまりたてられないですね……

みたいな返答をして、どう考えてもクオリティオブライフが充実していないことを改めて実感しました。


人生一度きり

2014年にレコード大賞をとった、三代目JSOUL BROTHERSの『R.Y.U.S.E.I』の歌詞では、『人生一度きり』というフレーズが何度も出てきますが
ほんとに人生って一度きりなんですよね。

R.Y.U.S.E.I.

R.Y.U.S.E.I.


学生の頃は、あまりにもお金がなさすぎたことや、親の反対で実現できなかったことがたくさんありました。

今は、経済的にも自立しましたし、スピオくんはあんまりあれはダメ、これはダメとは言わない人なので、学生の頃よりできることは格段に増えているはず。

なのに、今度は仕事でいっぱいいっぱいになり、自由な時間が持てなくなってしまいました。

学生の頃、SNSなどで『忙しい』とやたら書いているひとを嫌悪したり、友達同士で雑談をしているときに、何気に『そんな暇ない』と言われると妙に腹が立ったりしました。
でも、今の自分はその時の知り合いや、友人たちと同じです。
もちろん、誘いに対して忙しいからとか、そんな暇ないよとは言いませんが、『仕事で難しいかも』や『平日は無理なの』という回答がデフォルトになっていたり、どうしても仕事を優先させなければならなくてドタキャンせざるを得なくなったり。

自分に対しても、『こんなところへ旅行してみたいな』とか、『こんな習い事をしてみたいな』という気持ちを『いやいや仕事あるし、そんな長期の休み取れるわけない』『前みたいに行けなくなったらどうするの?』という正論で押さえ込んでしまっていたり。
人生は一度きり、20代も一度きり、そして半ばに差し掛かっている。
いろんなことを諦めていくにはあまりにももったいないように思います。

それに。今の仕事はあまりにも激務過ぎて、このままではいつか自分が崩れてしまいそうな気もします。
それに、結婚してからもこんな激務を続けるのか?などの疑問も浮かんできたり。
でも、会社への恩義ももちろんあります。
新人の頃から育てていただいたことをはじめ、いろいろな面で本当に良くしていただいたことが多くて。
仕事は激務ですが、周りの人に恵まれていたからこそ今も頑張っていられるのです。

その天秤が……。

先輩には転職をすすめられました。
以前の私ならば、いやまだ今の会社で頑張りたいんですと即答できましたが、うーん……という返答しか出てきませんでした。
ある意味、人生を考える時期にたっているのかもしれません。


人生の夏休み。

大学の頃、『大学生は人生の夏休み』という言葉をよく聞きましたが、大学の頃私は勉強やバイトに追われていてそれなりに大変だったし、お金がなさすぎて周りの子のように好きなことばかりできたわけでもなかったので、とてもじゃないですが夏休みなんて思えませんでした。

もし、転職するとしたら、次の会社へ移るまで1ヶ月くらい空いた時間を作り、可能な限り海外を渡り歩いて、今度こそ人生の夏休みを謳歌したいです。
(バックパッカーは長年の夢でしたが、大学の頃は金銭的な問題よりも親の猛反対により泣く泣く諦めました)



P.S.

三代目JSOULBROTHERS、実は結構好きです。
テレビに出ていたら必ず見ています。
顔が好みとかではないのですが、歌やダンスに引き込まれるものがありますね。