読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KEEP CALM

平静を保ち、普段の生活を続けよ。リバウンドしないシンプルライフを模索します。ナオト・インティライミ、Hey!Say!JUMP 伊野尾慧くん応援中!

壊れるまで使った達成感


今朝は、無料の廃品回収があったので、この間壊れたレンジと画面が見えなくなったデジタルの体重計を出してきました。

レンジは、スピオくんと暮らし始める前……
スピオくんの一人暮らし時代よりも前、
スピオくんのお姉さんの一人暮らし時代から使ってきたモノ。
ハイアールのものでしたが、こんなに長い間現役だったのか……とあらためて驚きました。

体重計は、私が中学生のころに買ってもらったものでした。こちらも、私がいま25歳なので、10年以上使っていました。
そう思うと長持ちしたなぁ……と思います。


生かしきれずに、譲り手も見つからず手放したものには罪悪感をどうしても感じてしまいますが、
こんな風にとことん使い倒して手放すものは、ある種の達成感すら感じてしまいます。

服も、靴も、きれいなまま手放すものより、
ボロボロになるまで使い倒して手放す数を増やしたいところです。

あっ……ちなみに、
最近はどんな服や靴でも、買ったものはとりあえず着倒すスタイルに変えました。
そして、穴が開いたりすり減ったりしてきたとき……
修理する気持ちになるかどうか?で残すか、その時点で手放すかを決めるようにしています。

なので、今手元にある本当にお気に入りの服は
自分で繕ったり、靴修理に出したりと、何かしら自分で手を加えたものが多いです。

やはりそこまですると本当に愛着もわきますし、本当にダメになって手放すときも清々しい気持ちになれますし。

貧乏くさい……と言われてしまいそうな新スタイルですが、私は今はこれが心地いいです(笑)