読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KEEP CALM

平静を保ち、普段の生活を続けよ。リバウンドしないシンプルライフを模索します。ナオト・インティライミ、Hey!Say!JUMP 伊野尾慧くん応援中!

ナオトの曲で勝手にベスト10

 

今月末はついに大阪でナオトのライブ!

今回ははじめて2days、参加します♪また今回は初めて、会社のお初インティライミ(初めてナオトのライブにいく人)を連れていくことになりました。

いままでライブでも、ナオトが「無理矢理連れてこられたっていう人手をあげて!?」と聞くと、結構な数の手が挙がるので………それを見るたび私は「無理矢理でもついてきてくれる人がいていいなぁ…誘っても誰も来てくれないし……母しかナオト好きがいないからいつもオカンと………」と少々悲しい気持ちになっていたのですが………。

(しかもその母さえも最近別のアーティストにハマっており、今回のライブに来てくれないことになったので2枚とったチケットが1枚余ってしまった)

 

会社の人と何気なくライブの話になったときに「チケットあるんですけどどうですか?」と聞いてみたら本当に来てくれることになり、とても嬉しいです◎

 

この嬉しい気持ちと、ナオトのライブを楽しみにしているテンションのまま、ずっとやってみたかった個人的ナオト名曲ベストテンを紹介します(笑)

 

 

選曲対象

すべてのシングル曲とカップリング、アルバムから選曲しています。

ウルトラCより前の曲、コンピレーションアルバムやfeat.で参加している曲は省きました。

 

 10位

恋する季節

ナオトの曲でおそらくもっとも有名な曲のうちのひとつだと思います。間違いなくいい曲。

去年、スカイツリープラネタリウムにてナオトとのコラボプログラムが上映されたとき、「恋する季節」もBGMとして流れまして。星とナオトという私の好きなもの同士のコラボに感動しかありませんでした。

 

9位

 夢花火

私の中で、最初はあまりパッとしなかった曲。だけど何度も何度も聴き流すうちに、これめっちゃいい曲じゃん!となった、まさにスルメ曲です。

この曲が収録されている「ウルトラC」は、現時点で手に入るなかでは古めのアルバムだと思うし、収録曲数も多くないのですが、どの曲も飽きの来ない良曲でいまだにライブで歌われる曲も多いです。

 

8位

Unbelievable

「恋する季節」のカップリングです。ライブで聴くまでこんなカッコイイ曲だと知らなくて……一時期この曲ばっかり聴きまくっていました(笑)

ナオトとダンサーのダンスがすごくカッコイイんですけど、そんな話をナオトに詳しくない友人に話すと「え、あの人って踊るの?」と必ず言われます。

確かにテレビでは滅多に踊らないですから……(笑)

 

7位

キミライフ

バラードです。おそらくしばらく会えておらず、距離が離れつつある恋人同士の話をイメージさせる歌詞なので、一時期スピオくんとうまくいっていないときに聴いて涙を流していました。私たちも、一時期物理的に距離があり、お互いやることも多くてなかなか会えない期間があったので、私の頭の中で勝手にリンクしてしまって。

今はこの曲をピアノで弾けるようになるのが目標。

 

6位

Just let it go

「Viva The World!」の1曲目に収録されている曲です。「下ばかり向いてたらあっという間に今年も終わってしまう」という歌詞にハッとさせられるんです。ほんとに、特に仕事を始めてから「やばい。もう○月?」と思うことが多くて……

仕事でただただやることに忙殺されて、あと家のこともあって、タスク消化で日々が過ぎていってるんじゃないかと。この曲を聴きながら「少しでも充実させよう」といつも思います。おかげで、今年はいろいろなことに挑戦できた年となりました。

 

5位

花びら

「Viva The World!」ツアーの大阪最終日のとき、この曲を歌う前にナオトが過去の自分を思い出して「昔は大阪の三角公園とかでよく歌ってた。でもそのときは全然みんな足を止めてくれなかった……だけど今はこんな大きな会場で大勢の人が聴いてくれている。本当に嬉しい」みたいな話をし、途中泣いて歌えなくなるという場面がありました。

歌詞自体はもう会えなくなった人への思い、という感じで、優しさや暖かさが伝わってくるような内容。歌詞とあいまってライブの時のことも思いだし、聴くとじんわりしてしまいます。

 

4位

 Life pallet

人生を白いキャンバスに例えた曲。たしかキットカットか何かの曲だったので、受験のつらさやエールのような風にも受け取れる歌詞です。

昨年、何度もミスばかり繰り返し、毎日毎日怒られ続けていたとき……この曲を聴いて涙を流しながら終電で帰っていて……。

今でも、もう仕事辞めたい。と思ったときに勇気づけてくれる曲です。

あとジャケットがかわいいからお気に入り。

 

3位

風マカセ

iTunesのデータがありませんでした。何故……

ライブでみんなで踊る系の曲。ノリの良さと振りの簡単さがすごく好きだし、ラテン系の曲調がナオトっぽくてすごくいいです。

踊る系の曲では、個人的には「Ballooooon!!」より断然こっちです。

 

2位

セカイ・YO・オドレ

石井竜也さんとのコラボ曲ですが、「旅歌ダイアリー」収録なので選曲対象に。

この曲もホンットに好きです。滲み出る旅、旅、旅の香りが。

旅の感じが出ている曲と言えば「ADVENTURE」や「Catch the moment」もそうだとは思うんですけど、その2曲よりも断然バックパッカー感というか、ワールドミュージック感があって。前述2曲が「旅歌ダイアリー」の情景だとしたら、「セカイ・YO・オドレ」は間違いなくあの本の情景が頭に浮かびます。(タイトルも大体同じですしね)私、あの本すっごく好きなんですよね。本当に、世界一周、私もしてみたい。

 

 

 

1位

LIFE

LIFE

LIFE

LIFEはほんと、初めて聴いたときからすごくビビっときて。まず単純にナオトがエレキ弾いてるのがホントにかっこいい。「Viva The World!」のツアーの時にエレキを弾きながら歌うナオトを見てもっともっと好きになりました。

あと歌詞。がんばれ!という言葉が入っている訳じゃないのですが、人生何とかなるんだよみたいなメッセージを感じます。一見無責任な言葉なんですが、ナオトもいろいろな挫折を経験し、それでも今夢を叶えているので、私の心にはすごく説得力をもったメッセージとして響いて。仕事で落ち込んだときやどうしていいかわからない状況に陥ったときに聴くと、すごく励ましてもらっているような気持ちになる曲です。

今年のナオトの日ライブで、ナオトがピアノ弾き語りで歌ったと聞き発狂&卒倒しそうでした。京セラドームの時はやってくれなかったから………ほんと聴きたかった。でもナオトの日だからDVDにはならないだろうな………東京だったら気合いいれて遠征すればよかった……。

そして、(株)エンジンさん。

本当にお願いですから「Viva The World!」のツアーのDVDをだして………

 

おまけ:惜しくも入らなかったけど好きな曲

  • The World is ours!
  • 線香花火
  • 風になれ
  • BANANA
  • Caliente

 

おまけ2:遠征の悲しい思い出

「Nice Catch The Moment!」の時の追加公演ではさいたまスーパーアリーナまで遠征しました。

その時どうしても一泊できず、日帰りでの参加を余儀なくされまして………。私一人だったら迷うことなく夜行バスにしますが、母がどうしても夜行バスは無理と言ったので新幹線での参加に。

そして、アンコールの「今キミ」でもう出ないと帰れないという状況になり、会場に何か紙?のようなものが舞い散っている中泣く泣く出た記憶がありまして………。

 (しかも帰り雪で新幹線が遅れ、在来線の終電がなくなり結局地元に帰れなかったという。。どうせ帰れなかったのなら最後まで観たらよかった………。)

 

おまけ3:ナオトとの出会いの曲

今回は選曲対象外にしましたが、おそらくナオトが2回目のデビューのときに発表した「イタレリツクセリ」が出会いです。

そのとき私は高校生。宿題をしているときにBGMとしてかけていた、某動画サイトの「作業用BGM」の中に「イタレリツクセリ」が入っていて、びびっと来たのがきっかけです。

そのときは「ナオト・インティライミウエンツ瑛士的なハーフかな」くらいにしか思っていなかったのですが……数年後テレビで見て「え、、、もしかしてイタレリツクセリの人!??!?!(全然ハーフじゃない!!!!)」となったことはよく覚えています。

「イタレリツクセリ」は今の作風とはまた違った、エッジの効いた曲で、選曲対象にしていたら6位くらいにランクインしていたと思います。

ちなみに「イタレリツクセリ」のイントロは、「Oh!My Destiny」の旅した国名を連呼している部分でほんとに一瞬だけ聴こえてきます(笑)

 

おそらく今までの記事のなかで最長のこの記事……ここまで読んで下さった方、本当にありがとうございます!